修正依頼




日本名産・特産品のご紹介

日本発祥・日本発明・日本開発技術関連の商品のご紹介

協力サイト

和歌山県

Loading...
切り替え
和歌山県の県民性・地域性チャート
和歌山県の県民性・地域性チャート  
     
生真面目 甘党
社交性 酒好き
見栄っ張り 色白
拝金主義 博打好き
▼類似性の高い上位5都道府県(地域)
投稿フォーム


和歌山県の県民性(地域性)
27 : おっとりしているが、のんびりではない
豪快で明るい
26 : 関西圏の中では、突出してマナーが悪い県ではないと思いました。



和歌山市とその周辺は大阪に近い事もあり
大阪の運転と似たりよったりで、大きな変化はなかったです。
国道24号線を走ったとき、キープレフトが厳密に守られていたのは
感心しました
24号線もそうですが、和歌山は平地が少なく山間部が多いため
車の速度もそれほど早くない印象を受けます。
もっとも幹線道路沿線は、都市も多いので交通量が多いというのも、あると思います。
全体的に60kぐらいでも、流れについていけるような気がします。



バイクはそれほど多い印象を受けず、すり抜け自体はひどいとは思いませんでした。
紀伊半島は観光地でもあり、特に土日ともなると関西圏から多くの車が来ます。
日曜に走りましたが、他県ドライバーがとても多く
観光でくるサンデードライバーのマナーの悪さが、目立ちます。
25 : 和歌山県の交通マナーは比較的良い方です、公共交通手段があまり無いので車での移動がほとんどになりますから運転熟練者が多いのです。
随分昔に上岡龍太郎氏が「大阪のひったくり犯のほとんどは和歌山か奈良の奴だ」と事実無根発言をして、芸能界を永久追放されましたが現実は全くの反対で都会からの観光客の傍若無人な振る舞いに、和歌山県民は困り果てています。
のんびりした田舎ですから神経質な人が少なく、他人への思いやりにも溢れていますが恥ずかしがり屋さんが多いので口は上手くはございません。
地域同士が離れているので自転車はあまり使われず、週末になると京阪神からのバイク族が紀南方面に押し寄せます。
和歌山県民は狭い道に慣れているので、運転未熟な他府県の方には対向するのが怖いのかも知れませんね、ですから未熟な方はあまり狭い道には入り込まない事をお勧め致します。
24 : 温暖な気候で冬場も飢えが無い歴史のせいかおっとりした・マイペースというレベル超えて 間抜けなもの、排他的ではない
和歌山弁は関西弁の中では、きつくない
また紀北は大阪の影響があり計算高いが、紀南は朴訥としている
23 : 和歌山は基本のんびりしてます、運転ものんびりです。
たまにいらちの人も混じるんで、
その人と張り合うと、大阪市内と同じになります。
22 : 閉鎖的な雰囲気を感じる。大阪の人の方が商売上手、お店の人が話しかけてきたりするが、顔見知り以外に和歌山では雑談に応じるような店主は皆無とみられる。車の運転が荒く、歩いていると何度かはねられそうになった。道が狭いのにスピードを下げないせいかと思われる。お金にかなりシビア…物価も給料も安いせいかな?
21 : 東日本に比べて比較的郷土愛の強い西日本にしては極めて自虐的な人、郷土愛の低い人が多い。
20 : かつて和歌山県には、ミカン、鰹節、醤油、梅干しなど、全国屈指の特産品、名産品が数多くあった。ところが今や、ミカンは愛媛県、鰹節は高知県、醤油は千葉県にトップの座を譲っている。梅干しも、量販品は輸入ウメでつくられているものがかなり増えている。この背景には、和歌山の県民性が影響していそうである。和歌山は県は温暖な気候に恵まれ、県民もおっとりしていてお人好しで、温和な人が多い。この気質が災いし、厳しい市場競争に取り残されたと考えられなくもない。和歌山県は、和歌山市を含む北部と、太平洋に面した南部とでやや気質が違う。大阪に近い北部は、お金にシビアな上方商人気質。一方、南部は、明るくて独立心が強い南国気質である。
19 :  江戸時代は御三家の一つだったから、プライドが高く、諸事万般おっとりしている。人口減は大阪経済圏の落ち込みと軌を一にしているに違いないのだが、それをストップさせる手だてをほとんど講じることがなかったとの見方も強い。こうした気質は大阪流の合理主義に触れることの多い県北部(紀北)にとりわけ顕著だ。

 一方、平地が極端に少ない南部(紀南)の田辺・熊野地方は、古くから県外、それも遠くアメリカ大陸にまで出ていく人が目立つ。冒険心・探究心が旺盛で、進取の気性が強いからである。人付き合いであまり格好をつけることがないのは、目の前に黒潮が流れる海、背後にうっそうと生い茂る森林が迫っていることからくる、自然に対する畏怖心の強さによるものだろう。

 ただ、南北ともお金については概してシビアな人が多いので、安請け合いは禁物。長い歴史に対する崇敬の念を常に前面に出しながら接するのが得策だ。
18 :  だが、さすが古くから開けてきた地だけに、人々の精神性は高いようである。というか、心のどこかに余裕のようなものがあり、何事に対してもあくせくしない。苦境から脱したいとの気持ちはあっても、無駄なことに努力を傾けたりせず、蓄財に励んだほうがよほど合理的という考えが強い。

 江戸時代は御三家の一つだったから、プライドが高く、諸事万般おっとりしている。人口減は大阪経済圏の落ち込みと軌を一にしているに違いないのだが、それをストップさせる手だてをほとんど講じることがなかったとの見方も強い。こうした気質は大阪流の合理主義に触れることの多い県北部(紀北)にとりわけ顕著。

 一方、平地が極端に少ない南部(紀南)の田辺・熊野地方は、古くから県外、それも遠くアメリカ大陸にまで出ていく人が目立つ。冒険心・探究心が旺盛で、進取の気性が強いからである。人付き合いであまり格好をつけることがないのは、目の前に黒潮が流れる海、背後にうっそうと生い茂る森林が迫っていることからくる、自然に対する畏怖心の強さによるもの。

 ただ、南北ともお金については概してシビアな人が多いので、安請け合いは禁物。長い歴史に対する崇敬の念を常に前面に出しながら接するのが得策。
17 : 「かかあ天下「とはまた少し違うのだろうが、ついうっかり男性と女性の格差を口にされると、許し難いと考える女性が多い様だ。特に女性は新進気鋭を好む土地柄なのか、男女差などをうっかり口にされるのは我慢ならないらしい。(もちろん全ての女性がそうではないだろうが・・。)それ故に、和歌山は離婚率も高いのだろうか? 私の県では、そんな些細な事ぐらいで気分を損ねて、許し難いとまで考える女性はまず殆ど見かけない。むしろ聞き流すぐらいの寛大な女性が多い。これも土地柄の違いだろうか?
16 : インターネットや県民性関連の本を読むと、よく「和歌山県民は、紀北地方は大阪に近く、ドライで打算的。紀南地方はのんびり屋で陽気・・・」と評されているが、あれははっきり言って間違いと思う。確かにのんびり屋の面はあるが、間違っても陽気ではない。実際、南紀地方に住んでみると、保守的で排他的なせいか、むしろジメッとした陰気さを感じる。温暖な気候に恵まれているのに、何故だろうと思うが・・・。モラルに欠けた人も多く、隣近所の付き合い方にも苦労させられた。
15 : 紀北<岩出市、橋本市>は、大阪や他府県からの移住者が多く、関空は目の前にあり、大阪市内への通勤も1時間以内のため、和歌山弁というよりは、関西弁をしゃべっている人が多い。
14 : 閉鎖的、排他的な県民性が土地の発展を妨げている気もする。南紀地方などは、今後20年経っても何も変わらないだろうとは、地元の人から聞いた話。地元人でさえ認めているのだから、発展する訳もなく、変わろうはずもない。(確かに地形にも問題があり、平地が少なく、海があって道路が走り、すぐに山地と言う極端な地形に泣かされて来ただけに、それも一因かも知れないが・・・)
13 : 保守的で、新しもの嫌い。「皆と同じが一番いい」と言う個性がない。
時代の流れを受け入れようとしない。
12 : 社会生活を営む上でのモラルに欠けている人が多くて、明らかに他県民とはズレがあるし、他の関西圏とも違う。何でだろう? 理解に苦しむ。 
11 : 愛知、徳島、山形と並んでケチ。
10 : 全般的に粗暴で柄が悪い。(特に和歌山県南紀地方~三重県南部にかけての紀伊半島南部。もちろん全ての地域ではないが・・。)全国47都道府県中44都道府県を旅して来たが、何故か和歌山だけは、旅行中に何度か不愉快な経験をした記憶がある。
9 : まあ、排他的と言う点では、和歌山の右に出る県はないでしょう。(特に南紀地方は極端・・。)
8 : 車の運転が荒い
7 : 実際に和歌山県の紀南地方に数年間、住んでいた事がありますが、かなり閉鎖的、排他的な土地柄だと思います。どうやら長い間、高速道路を含めたインフラ整備に遅れをとって来たせいか、他県との交流があまりなかったのか、どうにも地元人同士で固まる習性があり、県外出身者に対しては無意識に排他的な接し方をしてしまう様です。元々、敬語が育っていない土地柄故、若い子と年配者がタメ口で平然と会話をしている姿にも驚きましたが、他県ではまずあり得ない光景です。言葉使いを知らない、他県では当たり前の常識的なモラルに欠けている。スーパーに買い物に行っても「いらっしゃいませ。有り難うございました。」の声を聞く事も少なく、レジ係も不機嫌な顔をした店員もちらほら見受けられました。一般的に口が荒い、振る舞いが粗野、他人への迷惑を考えない、陰口が非常に多い。それでも、義理人情に厚く、その辺りを乗り越えてしまえば、純朴で付き合いやすい人が多く、そんな面も持ち合わせている様です。しかし、そうなるまでに数年はかかる事は覚悟しないといけないでしょう。それと、女性はいささか特徴的で、気丈な人が多く、男性と女性との格差ぐらいを簡単に口にしようものなら、相手を怒らせてしまう事があるので注意。夫婦なら離婚にまで発展するかも? それに和歌山はオークワと言う地元資本スーパーが市場を独占しているのも事実です。あそこまで一企業が独占している県は他にはないのでは? 気候も温暖で、のんびりした点は、とても気に入っていたのですが、また住みたいか?と尋ねられれば、(???)です。同じ関西の中でも、特に和歌山県の紀南地方の土地柄はかなり特徴的でした。
6 : とりあえずめちゃくちゃ排他的
狭いムラの中でよそ者を締め出して自分たちが独占しようという
傾向が強いという悪いクセがあり、独占に胡座をかいて競争が無ければ進歩、というかサービスの向上は全く無い
(例)
どのアーティストが来ても他の地方に比べノリが悪く「もう二度と来るか!」と吐き捨ててライブを終えたアーティストがいるほど
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tawagoto/tawagoto-2003-03.html
地元資本のスーパーが他地域の出店を妨害し、他県の田舎ではあって当たり前なイオンが未だに一店舗を出店してないほど
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1243397776/16
5 : タワーレコードに二度とこんな所に出店しねえよ!
と言われ撤退された県
4 : 関西人から見てもとても柄が悪い
3 : 新しもの嫌い「皆と同じが一番いい」と言う個性がない
保守的、閉鎖的、排他的、ケチ、セコイ、気性が荒い、がめつい、冷たい、モラルが低い、マナーが悪い
不良、ヤンキー、ギャル、珍走団が多い
近畿の中でも最もブスが多い
林真須美など目立つ犯罪者は多いものの、有名人は極めて少ない
地元スーパーのオークワをはじめ、店の従業員は役場の人間のような態度の人が多い
サービスレベルがとてつもなく低く、商売もとても下手
2 : 犬猫ですら野生化すれば人間に対してフレンドリーとは言えなくなる。
なのにイルカは野生のものでもフレンドリー。
遊ぼうと思って近づいてくるイルカを殴り殺すなんて、やっぱり普通の神経では出来ない。
しかも、仲間を見捨てないというイルカの習性(愛情)を利用して一網打尽。
和歌山の人間の薄情さがよく分かる。
情深い人間の多い関西の中では異質。
1 : 和歌山寄りの日本人は一癖ありますよ
戦国期を見ても、薄情な武将ばかりです
和歌山県の雑学
13 : 和歌山は公務員天国
全然上昇志向がない
鹿島アントラーズが和歌山にできそうだったけど断ったり
住友金属が工場大きくしようと思って相談しても断ったり
やる気ない県の代表格
そもそも、和歌山市が無碍に扱ってなけりゃパナソニック本社も和歌山にあったと言われてる
今では小さい電池工場だけ
12 : 和歌山の経済停滞の原因も貯蓄にあるのではないかと思われます

経済は現金が流通してこそ成り立つ物ですから
11 : 一家あたりの牛肉購入価格も和歌山は日本一
10 : 和歌山県民は、 貯蓄が大好きな県民 (らしい)です。

人口1人当たりの郵便貯金残高が248.2万円と日本一となっています(平成14年度)
又、年収に対する預貯金割合も3.77%と日本一となっています(全国平均は2.64%)

和歌山県民は貯蓄を好む倹約家が多いと思われる統計結果がでています

何故、和歌山県民は貯蓄が大好きなのでしょうか?
 
和歌山県民の貯蓄が多いのは、
「享保の改革」を断行し、逼迫した江戸幕府の財政を立て直した紀州藩出身(和歌山県)の江戸幕府
八代将軍「徳川吉宗」(暴れん坊将軍で有名ですよね)に代表され、また、昔から山と海に囲まれ、
平地の少ない地理的な要素も関連してか、質素倹約の県民性があるのでは・・・と思われます。
和歌山は景気が悪いので貯蓄しているのっだと思います
和歌山は賢い方が多いですね
9 : 和歌山のライブはどのアーティストが来ても他の地方に比べるとノリが悪いという特性(?)があるのだ。
 「もう二度と来るか!」と吐き捨ててライブを終えたアーティストもいるくらい
8 : 愛想の悪さ、マナーの悪さ、品の無さは日本一の和歌山の駅前タクシー

先に断っておくが、和歌山の全てのタクシーがそうだとは限らない。ただ筆者が遭遇した回数があまりにも多いので…。

行き先告げても返事しない、肘掛運転は当たり前、よそ者と見るや遠回りして料金稼ぐ。和歌山のタクシーのサービスの悪い事といったら!
他府県で乗車した時のそれは気持ちよく利用できる事といったら、思わず「おつりは取っといて!」なんて言ってしまいそう。

駅待ちのそれはもう最悪、サービス業なんだからもう少し、お客の気持ちを考えてもよさそうなモノ…。

筆者も時折、駅前からタクシーを利用するが、ワンメーターの距離など告げようものなら露骨に態度に出る運ちゃんもいる。返事は無し、到着しても何も言わず、こちらがメーターを確認してお金を払うと無言で走り去る。「ありがとうございました」なんて、未だ一度も聞いた事が無い。いつもお釣りの要らないようにこちらが気を遣って支払う始末。

見聞録「ワーストワン?駅前タクシー事情」~CityDO! 和歌山県紀北エリア~ より
7 : インターネット人口が、恐るべく少ない和歌山。
ここ数年のインターネット普及にしても、まずパソコンに触れようとはしない…。
6 : TVカメラが近付くと、にやけながら顔を伏せ逃げてしまう人がいまだ結構いる。
5 : 和歌山市以外に住む人が、和歌山市に出かける時「和歌山に行く」と言う。
4 : 離婚率の高さは、全国トップクラス。
3 : 昔から、ジャンパーと礼服以外は売れない県と言われる。よって、県外資本の小売店が進出しても、いずれは撤退を余儀なくされる県。
2 : 鈴木姓の発祥の地海南市
1 : 日本一のジャンボ壁画が存在する伊都郡かつらぎ町
和歌山県の伝説・伝承
5 : 大した事も無いのに大きい事を言いたがる人も多い
4 : 米アカデミー賞を受賞した、太地町のイルカ漁を題材にしたドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」の予告編の一部を見たが、残酷過ぎて見るに耐えられない。
3 : 敬語が存在しない。
2 : 徒歩漁法有田市
1 : 妖怪ヒトツタタラの伝承がある。

和歌山県の市区町村の一覧

都道府県の一覧